コミックエッセイ ちびといつまでも -ママの乳がんとパパのお弁当と桜の季節-

¥ 1,320

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

イラストレーターのパパ(38歳)、主婦でパパのアシスタントも務めるママ(37歳)、長男(9歳)、次男(5歳)、そして末っ子の娘(1歳半)。
裕福ではないものの、そこそこ幸せな日々。このまま子どもたちが大人になるまでは続くものと思っていた。ちょうど1年前のあの日までは――。
クリスマスの夜。娘の授乳中だったママは、胸に違和感を覚える。そこには、大豆ぐらいの大きさのしこりがあった……。
しこり発見→がん告知→転院→抗がん剤治療1種類目(開始・脱毛・中盤戦・終盤戦)→抗がん剤治療2種類目(開始・終盤戦)→放射線治療→ホルモン治療→そして現在。家族で乗り越えた1年半の闘病を描く。

【著者】
柏原昇店店主。東京都在住のイラストレーター。映像業界〜広告業界を渡り歩き独立。以後漫画も描くイラストレーターとして活躍中。 育児4コマ漫画「ちびといつまでも」をブログで発表。同シリーズで、ママの乳がん闘病記を描いた「新ちびといつまでも<乳がん闘病記編>」は、ライブドアブログOF THE YEAR2017を受賞した。