伝送線路シミュレーションモデル IBISガイドブック ‒IBISスペック オフィシャル日本語版‒(PDF) | GB e-shop

1/16

伝送線路シミュレーションモデル IBISガイドブック ‒IBISスペック オフィシャル日本語版‒(PDF)

201450_伝送線路シミュレーションモデル IBISガイドブック3.1.pdf

¥3,366 税込

ダウンロード販売の商品
購入後にDL出来ます (107814697バイト)

【必ずご確認ください】
※こちらの商品は、PDF形式の電子書籍です。
※携帯端末ではファイルをダウンロードすることができません。パソコンからご利用ください。
※ご購入はクレジット決済のみです。
※システムの都合上、購入時には住所や電話番号を入力いただいております。ご了承ください。

【ご利用方法】
(1)ご注文控えメールに記載のダウンロードURLをクリックします。
(2)購入時のメールアドレスを入力し、ダウンロードボタンをクリックします。
(3)PDFがダウンロードされます。
  ~購入から3日間・3回までダウンロードすることが可能です。

---------------------------------------------------------------------------------
●商品説明
今日、電気機器設計において、プリント基板上の部品間のインタフェースの電気特性品質をEDA/CADツールを使ったシミュレーションで確認することは広く行われています。このために必要な電子部品の電気特性モデルとしてIBIS(I/O Buffer Information Specification)モデルが中心的な役割を果たしています。IBISモデルはその入手性の良さ、IP情報のセキュリティの高さ、多数のツールでの互換性の高さなどの優れた特徴から、半導体ベンダや設計者からの強力な支持を得て業界での標準設計フローでは現在欠かせない存在となっています。この本はその伝送線路回路シミュレーションのドライバ、レシーバのモデルとしての標準である、IBISのバージョン5.0企画の日本語訳です。

本書の構成は、第1部がIBISの基本解説、第2部がIBIS規格日本語版の2部構成となっています。あえて基本解説を入れたのは次の理由によります。IBIS規格はコメントを多く用いて、理解の助けとなる説明を規格の中に記述してはいますが、内容を理解するためには、ある程度の基礎知識を要求されます。しかし、日本では現在残念ながらIBISに対する入門書や解説書もありません。そこで、IBISを理解していない人が、いきなり日本語とはいえ規格書を読むには困難が伴う場合があると考えて、第1部に規格を読む前の予備知識としての解説をつけました。これによって少しでも初めての読む方の敷居を低くすることができるのではないかと思います。
(「はじめに」より抜粋)

※この電子書籍は、株式会社 工業調査会より2009年 12月に発刊された同タイトルの書籍に 基づき、電子書籍用に再編集したものです。

  • レビュー

    (20)

  • お支払い方法について

¥3,366 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品