平安貴族 嫉妬と寵愛の作法

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

優雅な暮らしの裏には 妬みや嫉みが溢れていた!
雅で風流な国風文化が花開いた平安王朝の時代。

おそらく多くの日本人は、この時代のことをそんな風に思っているに違いない。だが、史料をつぶさに読み解いていくと、それはあくまでイメージであり、勝手な先入観であることに気づくだろう。

王朝貴族たちは官僚社会の中で、上下関係がはっきりしたピラミッドを形成。激しい出世レースを強いられることになり、努力すれば昇進の見込みもあったが、強権を発揮した藤原道長の時代になると縁故癒着が当たり前となって、その道も閉ざされた。

女性貴族も家系存続のためにと、必死になって教養を身につけ、皇家や上級貴族から寵愛を受けられるように最大限の努力を重ねた。だが、右も左も同じように考えるライバルで溢れ返り、嫉妬心を燃やしていた。

もちろん、和歌を詠よんだり蹴け鞠まりをしたり、四季折々の花を愛でたりと、雅な側面もあるにはあったが……。

本書は、そんな平安王朝の貴族たちの暮らしや文化にスポットを当て、数多くのイラストとともに、そのリアルな姿を浮き彫りにした。平安時代は上層階級に位置した貴族たちが、ただ楽しく過ごしていたわけではない――。本書をお読み頂ければ、そのことがより明確になるだろう。
(「はじめに」より)